コラムテーマ:マネジメントの常識の〝再考″

コンサルタント:藤井 正隆(ふじい まさたか)

多くの会社で目標を立てることが、当り前に行われます。しかし、48期連続増収増益を続けた伊那食品工業では目標を立てていません。伊那食品工業の話を聞いた時、企業に勤めてから、毎年、目標を立てて月、半年、年毎に、達成状況の振り返りをしてきましたので、「何故?」といった気持ちになったものです。何度も、長野県の伊那市まで足を運び塚越会長に話を聞く中で、少しずつ、その意味合いを理解できるようになりました。顧客満足と従業員満足ではどちらが重要かといったことも、以前は、顧客満足が重要と応える経営者が多かったのではないかと思います。しかし、現在は、従業員満足の方が重要だという経営者も増えたのでないかと思います。このコラムではマネジメントの常識をもう一度、問い直して、考えていきます。

コラム一覧

さらに知りたい方(コンサルタントに連絡をとる)